八木式アンテナとデザインアンテナの設置の様々

様々なアンテナの種類を知っておきましょう

八木式地デジアンテナ
八木式もメリットがあります。なんといっても電波状態の良いことです。
電波の指向性が高いため、放送局に遠い、電波の弱い地域だと性能を発揮できるでしょう。
この設置に業者は慣れていますので、施工ミスはほとんどありません。
さらに、最近はあまり目立たない場所に設置することも可能です。

デザインアンテナ
近年、新築物件で多く見られるテレビアンテナです。
八木式の様々なデメリットを参考に開発されたアンテナです。
軽量で薄型のアンテナで、住宅外壁の壁面に据え置くことが最も多いですが、設置場所は外壁以外にも様々。自営柱、ベランダ、マスト、住宅の屋根裏に設置できます。
屋根裏にデザインアンテナを設置するメリットは、もちろん外観に影響のないことです。

デザインアンテナをさらに隠してすっきり

デザインアンテナをさらに住宅内部に隠し、美しい外観に。
屋根裏に設置するデザインアンテナのメリット・デメリットを知っておきましょう。
デザインアンテナの屋根裏設置施工は、外から完全にアンテナが見えないので、これもなかなか人気の設置方法です。
ただし、地デジアンテナに限ります。
さらに、住宅の屋根裏、つまり天井裏に設置するわけですから、屋根裏にアンテナを設置できるスペースがあるかどうかも重要です。
メリットとしては外に置いてないため劣化がしにくく、工事により外壁に傷をつけずにすみ外観を美しく保つことが出来ることです。
デメリットとしては、屋内の設置のため、やや電波状態が悪くなることです。そのため、別途料金としてブースター設置が必要なことも。
屋根裏に分配器が必要ですし、料金やデメリット、条件について詳しく聞く必要があるでしょう。